ごあいさつ

栃木県を中心に花育活動 はないくひろばや、地域施設やカフェとコラボした花育ワークショップをおこなっております。
花育(はないく)とは、花を教材に生命や個性について、お子様などに考えてもらう活動の事をいいます。子どもの頃から花に親しむことによって、子どもの心を豊かにしていこうという活動です。通常のフラワーアレンジメントや生け花と異なり、花育では各個人の個性や感性を尊重することが特徴です。
花も動物などと同じように【生きている】ことを実感してもらうことで、命の大切さを訴えたり、他人の思いを察することにもつながる、体験型教育の要素も盛り込んでいるのが特徴です。食育・木育に続く、教育的な要素を盛り込まれております。
flower heart salon mahanaは、専門の資格を持った花育士が、お子様の豊かな感性を高めるお手伝いをさせていただきます。

フラワーハートセラピーとは

フラワーハートセラピーとは、花を使った芸術療法のことです。花の色彩心理/アロマテラピー・フラワーアレンジメント/臨床心理学を統合したユニークなセラピー法です。自由にアレンジした花から心理分析や、心身を整えるために効果のある花を生活に採り入れることを提案します。心療内科や福祉施設でも注目されているセラピーです。

花育士とは

花育の実践から、子どもの心のケアまで行えるスペシャリストです。子どもたちの成長の過程で花に携わることで、感性を磨き創造性を豊かにしていきます。花育士がおこなう花育とは、造形美を求めるものではなく、お子様の心を開放することを目的とし、お子さまが表現したいことを尊重いたします。お花以外の資材も使い、折り紙で折った動物や鳥をつかって動物園やジャングルを表現など、お子様の自由な発想力・創造性を高めます。

花育風景

ひとりひとりとじっくり向き合える少人数制(5名以下)でおこなっております。ワークショップやはないくひろばでは、たくさんのお花をご用意します。
お子様が表現したい事を、そのまま表現してもらい、自由な発想力・創造性を高めます。のびのびと自由にアレンジすることで自分自身の開放をします。

花育風景 花育風景 花育風景 花育風景
花育風景 花育風景 花育風景 花育風景
花育風景 花育風景 花育風景 花育風景
手塚布士美
講師プロフィール

「楽しかった!またやりたい!」という子供達の言葉が、元気の源です。
お花で心の癒しをお届けできるよう、フラワーハートセラピストとして、花育士として活動しております。サロン名のmahana[マハナ]は、ハワイ語であったかい・休息という意味です。またポリネシア語では、太陽を意味します。サロンにお越しになられた皆様が、あったかい場所で休息いただけるよう、私が皆様の太陽となれますよう、癒しの時間を提供しております。

主宰 講師 手塚布士美( てづか ふじみ )
・日本フラワーデザイナー協会認定講師
・日本フラワーハートセラピスト協会認定フラワーハートセラピスト
・花育士・看護師
・現在は宇都宮市のサロンでフラワーアレンジメント教室を開いている

[Salon blog] http://ameblo.jp/hanaiku-mahana/

SalonBlog最新ブログ記事

  • 投稿はありません。